読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Longer Human

音楽、サブカル、ラジオ等について、経営的・定量的な視点から書いていきます。

ヴィンランド・サガ19巻 感想考察 ノルド戦士の末路

ヴィンランド・サガの最新巻19巻が発売となりました。まだ発売したばかりですが、一気に読んでしまったので、感想をあげたいと思います。ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方見ない方がいいかもしれません ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌー…

機動戦士ガンダムサンダーボルト 3巻考察 プアマンの奇跡

機動戦士ガンダム サンダーボルト(3) (ビッグコミックススペシャル) 作者: 太田垣康男,矢立肇,富野由悠季 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2014/08/18 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 今回はダリルを中心に描かれるため、ダリルの心情を…

機動戦士ガンダムサンダーボルト2巻 考察 挿入歌が示す登場人物の心情

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグコミックススペシャル) 作者: 太田垣康男,矢立肇,富野由悠季 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/05/30 メディア: コミック この商品を含むブログ (29件) を見る 前回より大分間が空いてしまいましたが、機動戦…

機動戦士ガンダムサンダーボルト1巻 考察 挿入歌が示す登場人物の心情 

はじめに 本作品の特徴 1巻の内容の考察 ダリル イオ 一巻ラスト はじめに 機動戦士ガンダムサンダーボルト、昨年アニメ化もされた作品ですが、僕は漫画で読んだときに一気に引きこまれファンになりました。作者は「MOONLIGHT MILE」で有名な太田垣康男氏。…

ジョジョ第四部に見る90年代の社会背景

最近、ジョジョの奇妙な冒険第四部・ダイヤモンドは砕けないのアニメ版がラストを迎えました。久しぶりに第四部を見て改めて感じたことは、やはりジョジョはその部数・パート数によって時代背景を反映した作品になっているということです。特に90年代のカル…

逃げられない過去 ヴィンランド・サガ18巻 感想考察

ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンコミックス) 作者: 幸村誠 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/08/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (4件) を見る 先日、ヴィンランド・サガの18巻が発売されました。ヴィンランド探索編に入ってから…

ヴィンランド・サガ 17巻 感想考察 復讐と赦し

少し17巻が出てから時間が空いてしまいましたが、最近出たばかりの18巻を読んで、またヴィンサガ熱が高まったので、まずは17巻の考察の記事を上げることにしました。 前巻までの内容 loki16185.hatenablog.com 前の巻で示されていたテーマを確認します。 15…

ヴィンランド・サガ16巻 感想 考察 復讐の連鎖

ヴィンランド・サガ(16) (アフタヌーンKC) 作者: 幸村誠 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/06/23 メディア: コミック この商品を含むブログ (8件) を見る 最近ヴィンランド・サガ16巻を読んだので、その感想と内容の考察をアップします。前回の15巻に引…

ヴィンランド・サガ15巻 感想・考察 鎖と渡り鳥

ヴィンランド・サガ15巻を読みました。 ヴィンランドサガ本来のテーマへと話が大きく動き出した巻といえます。非常に読み応えのある内容だったので、感想のメモをアップすることにします。 ヴィンランド・サガ(15) (アフタヌーンKC) 作者: 幸村誠 出版社/…

漫画寄生獣の3つのテーマをアニメ版はどうアレンジするのか

新装版 寄生獣(1) (KCデラックス アフタヌーン) 作者: 岩明均 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/08/08 メディア: コミック この商品を含むブログ (8件) を見る 最初に アニメ版寄生獣を見た。最初はキャラクターの見た目から、なんだか劣化現代版として…

ヴィンランド・サガ13巻までの内容を整理する(後半)

すいません。 前半を書いてから時間がたちすぎました。 このままだと完全な釣りタイトルになってしまうので、後半を書くことにします。http://d.hatena.ne.jp/loki16185/20130908/1378641652:前半 7巻「英雄不在」 7巻ではアシェラッドの心情を中心に描かれ…

ヴィンランド・サガ13巻までの内容を整理する(前半)

ヴィンランド・サガの13巻を読みました。 今回も非常に見ごたえがあったし、内容的にも一つの区切りになるような、そんな位置づけの巻でした。 内容的にも一区切りついたところで、今までのヴィンランドサガの内容、テーマを整理してみたいと思います。 ※200…

ピンポン(松本大洋)に見る「楽しむ」ということ。 文化系トークラジオLife感想戦

8月の文化系トークラジオLifeは「"楽しくやろう"というけれど...」というテーマでした。 もうすでに前々回の放送になるので今更ではありますが、この回の感想を書きたいと思います。 この回もpodcastで欠かさず聞いていたのですが、その中で、日本人のスポー…